経皮毒って??

JMO★

経皮毒って?。。日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されること

 

なぜ危険か

・皮膚から吸収されたものは排出されにくい。10日経っても10%しか排出されない
皮膚からだと消化器官を通らないので、そのまま皮下脂肪へ蓄積されたり
血液を通って子宮や脳に蓄積されるといわれている

・化学物質は分子量が小さく、皮膚から吸収されやすい

 

・蓄積場所

皮下脂肪か、血液を通って体全体に
多くの化学物質は脂溶性のため、皮下脂肪だけでなく脂肪のかたまりである脳にも蓄積されやすい
また、女性は子宮に男性は前立腺等に蓄積されやすい

 

・子どもへ受け継がれる

子宮へ蓄積された経皮毒は、子どもにも影響をおよぼすと考えられている
母親の羊水や胎盤を通じて子どもへ移行していく

 

・経皮毒と関連付けられている病気
皮膚の病気。。肌荒れ、湿疹、アレルギー性皮膚炎、アトピー、免疫力の低下

 

日常で気をつけたいもの

・シャンプー、リンス。。頭皮は腕に比べて3.5倍吸収率が高い
そして吸収された化学物質は脳へ蓄積されやすい

image5

・洗濯用洗剤
白さを強調する洗剤。。蛍光増白剤や漂白剤などが含まれている
部屋干しのにおいを消す洗剤。。抗菌剤
柔軟剤には。。陽イオン界面活性剤
これらは衣類に付着し、肌から体に吸収される
アトピーをひどくさせる可能性がある
自然分解されにくいので、水質汚染にもなる

img_20160620_124739

関連記事

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る